はじめての方へ | 新規会員登録 | 会員特典 | お問合わせ
  • テセにおける身体的負担
  • テセは身体的負担を考え、何度も行う事が無いよう一度の検査で出来るだけたくさんの精子を採取し顕微授精に備えます。二回目以降行う場合には、医師との相談が必要となります。
  • [記事全文]
  • 妻之友膣錠避妊薬

     妻之友   コンドームを使わずに高い効果を誇る避妊ピル!


    妻之友   避妊はしたいけど毎日ピルを飲むのは面倒、抵抗がある。
    パートナーの男性がどうしてもコンドームを使いたがらない。
    お互い病気は無いから直接触れ合いたい、でも避妊はしたい
    そんな時に役に立つのがこの「妻之友」。あのマイルーラと同タイプの殺精子避妊薬です。
    セックスの直前に1錠を膣内に挿入するだけで殺精子作用により避妊します。
  • 康楽宝
    ■康楽宝の効能

    避妊大革命!液体避妊、膣内射精の快感を存分に味う、有効的に性病とAIDSを予防する。中国国家科学技術部「火炬計画」の重大な成果である。液体避妊薬「康楽宝」は2002年中国国家科学技術部『火炬計画』の重大な成果であって、中国の性学会の推薦製品です。七つの中国国家の委員会の認証を獲得、中国の国家五大権威組織の検査に合格して世界保健機関(WHO)の疾病予防控制センターが監督、製造したものである。「康楽宝」は特製の推進器を使用して、セックス前3分間に一回性に膣に注入してただ2秒をかかり、効果は八時間も持続する。性病予防に液体避妊薬「康楽宝」をお薦めいたします。

    AIDS(エイズ)や性病など、各種の性感染症の伝染を防止し、男女双方を保護する効果があり、一分間に男性精子の活力を失わせるので、妊娠も予防する。女性の膣の潤滑を増加させ、セックスの快感を高める。男女の性器の日常ケアに適応し、副作用は無く、各種の婦人科の病気の発生を減少することができます。天然アロエを使用して、陰部の潤滑効果もあるので、お年寄り女性に、ゼリーの代わりとして、中老年の方にも適合します。


    ■康楽宝ご使用前に必ずお読みください

    性病予防の液体避妊薬
    ■康楽宝■ 液体コンドーム
    1、液体避妊でコンドームの不快感を解消されて、 恋人同士の原始的な、自然的な親密な接触を味わう。
    2、 避妊効果が非常に強いものがありまして、一分間に男性精子の活力を失わせ、避妊率は100%!コンドームが脱落、破損することによる避妊失敗を防止する。
    3、性病を予防する。一分間に多種な性病の病原体を殺します。淋病、疱疹(性器ヘルベス)、梅毒、トリコモナス等の性病の伝染を有効に予防する。十分間にAIDS病毒(HIV-1)を殺して、これからAIDSに対する恐怖心を解消する。
    4、 快感を促進すること。天然アロエを原料として、消炎殺菌の作用があり、女性の膣の潤滑を増加させ、セックスの快感を高める。
    5、安全性について、本品は生物科学技術製品であって、無色無臭、透明な水溶性の膏状液体で、膣のいやなにおいを有効除いて、各種の婦人科の病気の発生を減少することができます。長期に使用しても体に損害を与えない。本品は2002年中国国家科学技術部『火炬計画』の重大な成果であって、中国の性学会の推薦製品です。七つの中国国家の委員会の認証を獲得、中国の国家五大権威組織の検査に合格して世界保健機関(WHO)の疾病予防控制センターが監督、製造したものである。


    ■康楽宝の成分

    BZK:人体精子を殺す。
    0-9:AIDS病原体と性病の病原体を殺す。
    アロエ:陰部の潤滑効果と陰部粘膜の保護作用。 

    无色无味、水溶性透明ゼリー状液体。
  • 経口中絶薬RU486(北京紫竹)
    北京紫竹経口中絶薬RU486の効能,経口中絶薬RU486(ミソプロストル剤,ミフェプリストン剤)詳細,経口中絶薬RU486成分,経口中絶薬RU486効果,経口中絶薬RU486感想,北京紫竹経口中絶薬RU486口コミ,経口中絶薬RU486注意事項,経口中絶薬RU486副作用,経口中絶薬RU486セット >--------------------------------------------------------------------------------
    ■経口中絶薬RU486の効能 
     
    経口中絶薬RU486 対象は、妊娠後49日以内の人のみ。妊娠を維持する黄体ホルモンの分泌を抑制する作用を持ち、服用により自然流産と同じような経過をもたらし、その後ミソプロストル剤(子宮収縮剤)を併用することにより92%の確率で人工流産中絶が可能とされています。
    さてわが国での承認の可能性はいかがであろうか?おそらく数年は承認されないであろう。理由は2つ考えられる、まず表向きの理由として副作用や失敗したときの胎児の重度奇形や出血が危険だといって厚生省や産婦人科医会が反対するであろうが本音は、中絶手術という産婦人科医の聖域を侵され、中絶手術減少による収入減を危惧するため反対するであろうことは容易に推察できる。もうひとつは、この薬はバイアグラなどと違って高価な薬でないため製薬会社は論議や反対を承知で開発、治験、販売する意味がないと考えているようである。その証拠に日本のどの製薬会社も承認申請をだしていないと厚生省もコメントしている。 

    --------------------------------------------------------------------------------

  • 婦科千金片
    清熱除湿、補益気血。湿熱沈下、気血不足症によるおり物が多い、冷え性など症状に伴う 体力があまりなく虚証タイプの人で下腹部に圧痛と抵抗があるが比較的弱く足腰の冷えや生理痛が強い人のための駆血剤で補血、滋潤の効果もあります。骨盆内炎、子宮内膜炎、子宮頚炎の治療。
    婦科千金片主な成分】
          千斤抜、金櫻根、当帰、党参、穿心蓮など
  • 経口中絶薬RU486(上海華聯)
    息隠〔米非司酉同片〕+米索前列醇片 (ミフェプリストン剤+ミソプロストル剤)(RU486)   
    経口中絶薬RU486 熟練した医師の厳重な監視下で使用するものです。個人輸入によって入手した医薬品の取り扱い、服用による責任は輸入者個人に帰結し、弊社ではいかなる保障も出来ません。特別指摘:子宮外妊娠は服用してはいけません、もし服用した場合、大出血の可能性がある、生命に及びます。子宮外妊娠の人 (子宮外妊娠の母体生命の危険性があります。)   
    ※使用する前にあらかじめ、診察と超音波検査により子宮内の妊娠を確認診断する必要があります。   

    経口中絶薬、いわゆる、RU486はフランスで1980年開発され、1988年より発売されている薬、が本年2000年欧州連合(EU)11か国で解禁される。多くのEU加盟国で中絶反対の立場を取る、カトリック、右派勢力から、社民、左派陣営に権力の移譲が進んだことが間接的原因と考えられる。この薬は妊娠を維持する黄体ホルモンに拮抗する作用を持ち、妊娠49日以内であれば服用することにより自然流産と同じような経過をたどり、子宮収縮剤のプロスタグランディンを併用すれば100パーセント近く人工流産(中絶)が可能である。しかしあまりに安易に中絶できてしまうためカトリック勢力や右派の反発を買い、当初の販売元だった、ドイツのHMR(ヘキストマリオンルセル)社は販路を英国やスウェーデンに広げたものの、猛烈な同社ボイコットや不買運動が拡大し、97年この薬から撤退、販売権は開発者の設立したフランスのエクセルジン社に移譲された。1998年ころより左派政権がEUで覇権を握るようになると、ドイツ、ベルギーなど8国で同薬が認可さた。現在の使用の承認されている国は、フランス、英国、スウェーデン、イスラエル、ロシア、スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、デンマーク、フィンランド、ギィリシャそして2000年2月7日にスペインで解禁された。ところがアメリカのFDAは2月19日承認を延期する旨発表した。この背景にはAbtion Violenceという中絶反対派の産婦人科医院や患者へのテロが日常茶飯事に起こっていることも無関係ではあるまい。Yahooでabtionを検索すると、abtionそのものよりもabtion violenceの方が多くヒットするのでびっくりしたことがあるくらいである。   

    経口妊娠中絶薬については、これまでは少量であれば厚生労働省での手続きが無くても個人で輸入できていた取扱いを改め、原則として、医師の処方に基づくことが地方厚生局で確認できた場合に限って輸入が可能となるよう、個人輸入を制限することとしました。   

  • 毓亭(ユーティン)

    毓亭(ユーティン)使用前に必ずお読みください

    1、女性用緊急避妊薬(モーニングアフターピル)。この緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を使うと、避妊に失敗した際、妊娠(受精卵が着床すること)を防ぐことができます。

    2、1998年に「緊急避妊薬」(ECピル)として、米国食品医薬品局が安全かつ効果的として使用を承認し、現在日本でも医師に処方されているものと全く同じです。副作用が非常に少なく、体への影響が少ない製品です。もしもの時の為に、常に手元に置いておくと安心です。


+ ご利用規約 + 会社概要 + 相互リンク + お支払い方法 + 代理募集 + よくある質問 + 漢方薬関連情報 +
漢方モール   Copyright ©2013  www.kanpoumall.top